最近のセフレは岐阜では下品ではありません

それは、最近のセフレ「忍の国」に描かれた最初の伊賀天翔の乱流の6年後の2回目の天正伊賀の乱流のシーンから始まり、10年後に物語の舞台になります。
豊臣秀吉の暗殺をめぐって忍び寄る忍者たちの物語。

アクション映画として見るだけではセフレですか?あいまいさという点では、古い日本の映画の方が面白いようです。冒頭の暴力シーンを省略し、言葉で話すことは下品ではありません。

岐阜でセフレ

(小説では、説明の行は簡単ですが、映画や劇場の場合、それはあなたのスキルを示す場所になります。)

原作では、主人公桂桂が秀吉の暗殺の依頼を受けた理由は理解しやすいが、映画ではわかりにくい。それがオリジナルと映画の最大の違いだと思います。

葛城静香が忍者小鹿の幻想家と戦った後、忍者小セフレに扱われた後、再び秀吉の暗殺に行くことを嫌う場面。
「戻らなければこれは記念品になります…」
「記念品は必要ありません!」